要注意?口コミで人気のアヤナス衝撃のシワへの効果とデメリットとは?

数年後に差がつく!30代が絶対にしなければいけないスキンケアとは?

30歳代からが分かれ道

の画像

私がアヤナスを使い始めた頃、勧めてくれた母親が得意げに話してました。

「20歳代までは誰でも肌はきれいだし、ケアをやっていなくともハリはあるんだけど、あんたのように30歳くらいになると、それも終わりでアンチエイジングしなきゃ老けていくばっかりよ。」

分かっていたつもりですが、いざその年齢になってみると改めて身に沁みました。少しずつ下り坂になってくる30歳代にどんなスキンケアをやるのかによって、その後の肌が大きく変わってしまうようです。

「もっと後からでも間に合う」ではなくて「今が肌の分かれ道」。スキンケアは早めにはじめることに越したことはありません。もちろん遅すぎるということもありませんが、一日でも早く始めればその分その状態をキープできると考えられます。

アラサーならやって当然!マストのスキンケアをまとめてみます。

くすみを防ぐには

肌が何となく暗くてツヤが無くなってくるのが「くすみ」です。ちょっと疲れが溜まったり、ストレスでも一時的にくすみが肌に出る場合もありますけれど、一番の原因は血行が悪くなることです。

血液は、肌に必要な栄養素を運んでくれるだけでなく、老廃物を運び去ってくれる働きもあります。 だから、栄養をきちんと摂ることも大事ですが、血液がちゃんと流れることも同じくらい大事なんです。

特に顔の周りの血行を良くするために、マッサージはとても有効です。さらに半身浴や軽い運動で体温を上げることで血液は活発に流れてくれるようになります。

半身浴や運動って、直接的にはスキンケアには結びつかないかもしれませんけれど、お肌の健康だけでなく健康的な生活を送る上でもとても重要な要素なんですね。

たるみやシワには

たるみの原因は、肌の奥(真皮層と呼びます)で水分を保持するコラーゲンが少なくなってくることが直接的な原因です。

このコラーゲンを製造する能力が年齢と「年齢と共に衰えていくなら諦めるしかない」と思われるかもしれませんが、そうでもありません。対策はちゃんとあります。

最も大事なのは保湿です。肌の奥で水分を保持するコラーゲンが少々不足しても、肝心の表面部分(角層と呼びます)で水分をキープできれば、肌がたるんで見えることはありません。真皮層だけでなく、角層でも肌を支えるわけです。

乾燥由来のシワや、コラーゲンの層が薄くなってしまってたるんでしまったシワもこれで改善する可能性も。

アヤナスなら、保湿に優れていますし肌を刺激から守る能力も充実していますから、たるみ対策としてはうってつけです。

じっくり行きましょう

ディセンシア アヤナストライアルセットの画像

ひとつ注意しなければいけないのは、30歳を過ぎると、ターンオーバーと呼ばれる肌の再生のスピードが少し遅くなることです。

肌は真皮層で作られて、だんだん表面の角層に近づいていき、一番表側に出てきます。このように、肌が作られてから、実際に表面に出てくるまでのサイクルのことをターンオーバーと呼びます。ターンオーバーは、個人差はありますがおおよそ30日で繰り返されます。

だから、何かスキンケア用品ややり方を変えても、効果を感じることが出来るのはターンオーバーの周期の30日後以降になるんです。

残念ですけれど、ターンオーバーのスピードが遅くなると、新しいチャレンジの効果が出てくるのも少し遅くなってしまいます。その辺りを考えて、「やっても効果が出ない!」とすぐに諦めずに、じっくり腰をすえて取り組みたいですね。