備えあれば患いなし、あなたは準備出来てますか?

>

火災保険では補償外!

地震保険では何を対象に補償してくれるのか

地震保険では「地震」や「噴火」またこれらを原因とする「津波」による建物、家財を損害
対象としています。
この先巨大地震が想定されている日本では耐震工事が進められていますが津波や火事で倒壊する恐れもあり、家の倒壊のため賃貸住宅へと越したがローンと家賃の二重苦、また住宅と勤務先が倒壊し失業するという場合もあります。

地震保険は火災保険に加入していることが前提です。
しかしこの保険に加入していると住居の再建時に費用を何割か負担してもらえます。
ですが不足分は自分で補わなければなりません。
あくまでも地震保険は被災者が当面の生活を再建させることが目的です。
もしもに備え一つ保険を増やすことも視野にいれてみてはいかがでしょうか。

マンションでは地震保険に加入するべき?

マンションでは他の住宅に比べ耐震性が良く、地震保険に必要性を感じないと考える方も少なくないでしょう。
またマンションは共同住宅なので、保険加入前に管理組合を通して所有者の合意を得る必要がありますが、保険をかける場合当然所有者の負担が増えます。

耐震性が高いため保険をかけていないマンションが多いですが、万が一マンションが倒壊するほどの巨大地震が発生した場合、すぐに修復というわけにはいかず再び住める状態になるまで時間がかかり結局修復・建て替えを断念したケースもあります。
今住んでいるマンションが保険加入済みなのか、また共有部分や専用部分に保険をかけるか否か管理組合を通し所有者と決めておくことも大切です。