要注意?口コミで人気のアヤナス衝撃のシワへの効果とデメリットとは?

アヤナスの評価が高い理由!親会社は有名なあの高級化粧品メーカー

アヤナスは誰が作っているの?実はあの高級化粧品メーカー

資料を持っている女性の画像

私が使っている基礎化粧品の「アヤナス」ですが、私がこれに乗り換えた理由の一つは、製造しているメーカーにあります。

化粧品って、安いものからびっくりするほど高いものまで、本当にたくさんいろいろ売ってますよね。とてもじゃありませんけど試してみるにも限度があります。安物は怖いので使えませんが、だからといって高い高級化粧品が敏感肌の自分に絶対に合うかといったらそうではありません。敏感肌の悲しいところはここなんですよね。

私がアヤナスを試したきっかけは母親から強く勧められたわけですけれど、それだけじゃなく自分なりに製造・販売している会社や口コミをいろいろ調べて決めたんです。

なぜ、敏感肌の私がアヤナスを信用できたのか? 少し私が調べた内容を説明してみます。

アヤナスを作っているディセンシアってどんな会社?

ディセンシア アヤナストライアルセットの画像

調べればすぐ分かりますが、アヤナスは「ディセンシア」という会社で製造・販売しています。

化粧品の製造・販売専業で、会社が出来たのは2007年ですから、10年をようやくクリアしたところです。アヤナスの他に「つつむ」「サエル」といったブランドを軸として、基礎化粧品をメインにしています。

ここまでなら、他にたくさんある化粧品会社と大差はありません。

しかしながら、この会社の株主は「ポーラ・オルビス・ホールディングス」 すなわち、あの化粧品の『ポーラ』なんです。さらにディセンシアの会社住所は、ポーラのビルのワンフロアですから、ポーラの社内企業とか社内ベンチャーといっても良いような状況です。

実際に社長や役員の人事交流が行われているみたいですし、私の中では「ポーラの中の一つの部門」くらいの理解なんです。

なぜポーラは信用できるの

もちろん、化粧品大手だから100%信用できるというわけではありません。少し前になりますけれど、美白になるといいながらマダラになってしまった…という事件も超大手メーカーでした。

でも、大手だからあそこまで騒ぎが大きくなったという側面も見逃せません。これが小さな会社だったら、その後の対処も何も出来ずに会社が倒産してすべて終わりになってしまいます。大手だからこそ、事後の対応が可能だったんです。

それにアヤナスが何か事件を起こすようなことは無いと信じています。アヤナスは2011年販売開始ですから、もう6年近くも流通しています。昨年末にリニューアルしていますが、コンセプトが大きく変わったわけでもありません。ですから、急に何か問題になる成分が...なんてことにはなるはずが無いんです。

基礎化粧品は信用第一!変なメーカーを使うよりも信頼のおける老舗企業のものを

この他にも、ポーラには専門の研究所が整備されていますし、アヤナスの技術もポーラと大手製薬会社との共同研究で発見されたものをベースにしているのです。

ここまで言ってしまうと、中小の企業では化粧品は作れないなんて極論になってしまうかもしれません。もちろん全ての化粧品は大手でないとダメなんていうわけではありません。

でも、肌に直接触れる基礎化粧品だから、敏感肌で人より弱い肌だから、すこしずつシワが出来始めてきている肌だから、そんな難しい状況だからこそ、金額やテレビCMの量ではなくて、信用を一番に考えたいのです。

自分が使う基礎化粧品がどんな研究を基に開発されて、どんな工場で製造されているのか?なんてことを実際に自分の目で見て確かめるのは、到底無理です。

その信用をはかるひとつが会社の大きさや、その会社の歴史だと私は考えています。もちろん違う考えの方もいらっしゃいますので、自分はどこでどう選ぶか?を一度考えてみるのがいいかもしれませんね。