要注意?口コミで人気のアヤナス衝撃のシワへの効果とデメリットとは?

口コミ検証!アヤナスでたるみ毛穴は改善されるのか?年齢肌の方必見!

顔じゃなくて毛穴のたるみ、見逃していませんか?

の画像

たるみ、というとブルドッグ顔のような顔の筋肉の衰えによるたるみを想像してしまいますよね。

ですが毛穴もたるむって知っていましたか?しかもこれ、30代から急に目立ち始め、見た目年齢をぐぐっと上げてしまう厄介な症状なんです。さらにたるみ毛穴が進行すると「帯状毛穴」という状態へ進行し、頬に広がる小ジワのような見た目へと発展してしまうことも…。

毛穴がたるみ、シワ状になってしまうのは年齢肌には仕方のないこと、ですが放って置くとただの「おば顔」になるだけ!

たるみ毛穴の状態を知って、症状が軽いうちにしっかり対処をしていきましょう!

たるみ毛穴ってどんな状態なの?

たるみ毛穴というのは、開いた毛穴が元通りに戻らずに、そのまま毛穴が大きな状態が続いてしまうこと。毛穴が大きく開いてしまったり、それが戻らずにそのまま毛穴が目立ってしまうと、お化粧の仕上がりにもかなり影響が出てきます。

でも本当の問題点は肌の表面の毛穴にあるのではなくて、真皮層という皮膚の奥底の部分なんです。ここにはコラーゲンとかヒアルロン酸といった成分があり、水分を保持してくれています。

ところが、年齢とともにコラーゲンやヒアルロン酸は少なくなってくるので水分を保持できません。これが原因で肌の表面も乾いてハリがなくなってくるんです

美肌の基本、健康な肌の基本はやはり保湿にあるんですね。

しかしながら年齢が進むと肌の保湿力は落ちる一方。毛穴が若いときよりも大きくなってしまう現象も、実はエイジングによるものだったんです。

たるみ毛穴にはどんなケアが有効なの?

良く言われるのがコラーゲンやヒアルロン酸が不足しているから。…それなら、コラーゲン・ヒアルロン酸配合のスキンケア!と誰でも思いますよね? ところがそう簡単ではないんです。

少し説明しますと、ヒアルロン酸は粒が大きいため皮膚の表面にとどまることは出来ても、真皮層という皮膚の奥底までは浸透できないんだそうです。

じゃあ、ヒアルロン酸を飲めば良いかというと、それも疑問で、食べたものは胃の中で分解されてしまうから、口から食べたヒアルロン酸がそのまま真皮層に届くわけでもないんです。

だから、スキンケアの中で毛穴のたるみを防ぐにはしっかりとした保湿が有効です。保湿で肌表面をやわらかくすることで毛穴が大きくなるのを目立たなくすることが出来ますし、肌表面から水分が蒸発しなければ、肌の奥底が乾燥してしまうことも無いわけです。

たっぷりの水分で保湿してあげれば、毛穴も落ち着いてきます。

アヤナスでしっかり保湿!たるみ毛穴を撃退

ディセンシア アヤナストライアルセットの画像

コラーゲンやヒアルロン酸って、人間の身体の中で作られる成分なんだそうです。ただ、年齢とともに製造能力が落ちてくるので、不足してくるんです。それはもう老化ですから仕方ないかもしれません。

でも、老化を少しでも遅らせるのがアンチエイジングケア。アヤナスを使うことで、保湿能力がアップします。保湿をしっかりしていると、肌の奥のほうのヒアルロン酸が少しくらい不足しても大丈夫なように食い止められるのです。

もちろん、アヤナスでのスキンケアだけでは、対策としては足りないかもしれません。ヒアルロン酸やコラーゲンの材料となる良質なたんぱく質をちゃんと摂ることも大事ですし、肌のさらに奥底にある筋肉を鍛えることでハリを保つことが出来るようです。

その為にも取り入れたいのが顔の筋肉のトレーニング。「表情筋トレーニング」はバスタイムやトイレに入った時、などわざわざ時間を取らないでもながらで出来るのでマイルールとして取り入れるのは良いかもしれません。

食事+トレーニング+アヤナスで、毛穴のたるみを改善!おばさん肌にならないように気を付けましょう。